私たちは、省エネ活動に積極的に取り組んでいます。
改正省エネ法(改正エネルギーの使用の合理化に関する法律)が平成11年4月1日に施行されました。平成14年6月7日の改正に伴い、梅田スカイビルは、第1種のエネルギー管理指定工場(電気・熱)として平成15年9月18日に指定されました。
それに伴い、中長期計画を策定し、エネルギー削減目標を達成するために日々取り組んでいます。
中でも、一番大きいのが、快適空調システムの導入です。従来の空調制御方式では、人が温度を設定しますが、室内の快適度は温度だけでなく、湿度や輻射温度などほかの要素によっても左右されるため、快適度を一定に保つことは困難です。このため、冷房期はより涼しい方向となり、暖房期はより暖かい方向に設定されることとなり、過剰空調になってしまいます。
快適空調システムは室内の快適度を演算し、快適度が一定となるように空調機の設定温度を常に自動更新するシステムです。これにより室内環境を維持しつつ、無駄な冷暖房エネルギーを排除し、省エネルギーを図ることができます。
困難に直面している世界の子どもや障がいのある人たちに対して何かお役に立ちたいと、イベントを通じて社会福祉活動を行っています。

1.困難に直面している世界の子どもを救おう
毎年5月「子どもの日」に開催している<子どもの日チャリティイベント>。来場される方々に書き損じハガキ、未使用切手、海外旅行で余った紙幣・コインを持ち寄って頂くことを呼び掛け、会場等での募金と共にこれらを大阪ユニセフ協会を通じて困難に直面しているこどもを救う資金としています。

日本最大級のメキシコのお祭り<フィエスタ・メヒカナ>。音楽、舞踊、そして食文化、陽気で素敵なメキシコの魅力満載のメキシコのお祭り。10万個のイルミネーションが輝く世界最大級のクリスマスツリーの周りに本場ドイツのクリスマスがやってくる<ドイツ・クリスマスマーケット>等の国際交流イベントを通じて相互コミュニケーション活動に寄与しています。